2018年はアウトプットの習慣化がつくれた1年だった

いろいろな人が振り返り記事を書いているので便乗

2018年を振り返って

仕事面

~1月:前職時代

  • 客先担当(打合せ・設計・設定・テスト・問合せ対応など)がメイン業務だった
  • プロジェクトによってはプログラミングをやることもあった
  • 毎日20時くらいまで残業
  • 転職することで精神を保っていた(ストレスはMAXだった)

2月~:転職して現職に

  • 設計・開発・テスト・保守がメイン業務になった
  • 仕事のやり方の違いにびっくりした(慣れたけど)
    • 初めてのコードレビュー(ありがたい)
    • 業務指示が口頭・電話・メールじゃなくてチケットになった(管理が楽)
    • Slackがある(便利で楽しい)
  • 突然定時帰りになって困惑した(時期によっては残業するけど)
    • ちゃんと料理するようになった
    • 本読んだり勉強したりするようになった
  • 暇なときに社内用ツールをせっせと作る余裕がでてきた

勉強

読書

定時帰りで暇な時間ができたので勉強や読書をするようになった

特に印象に残った本

エンジニアのための〇〇って言われるとほいほい買っていることに気づいた…

自己啓発てきなやつ

アウトプット面

去年まではほとんどしていなかったアウトプットをするようになった

比較的いいねがついた記事

まとめ

  • 転職してよかった
    • 時間の余裕が出てきたので勉強とかの余裕がでてきた
    • やっぱり激務はよくない
    • 精神的にもストレスの高い仕事はよくない
    • 余裕があるときにいい習慣をつけるのが大切
  • アウトプットの習慣をつくれてよかった
    • 余裕が出てきたから記事の投稿とかもよりするようになった
    • いいねつくと楽しいうれしい
    • 記事の投稿に慣れてきたらどんどん書けるようになった
      • ちゃんと見直さないからたいぽは多いけど
    • 慣れればなんてことはなかった
    • そのかわりインプットをおろそかにしないように注意は必要だとも思った
    • 媒体別に書きやすさとかいいねのつきやすさとかはかなり差があるので使い分けがよさそう